代表挨拶

代表取締役・山本智久です。
 
当社が産声をあげたのは昭和44年のこと。実のところ私は、その頃はまだこの世に生を受けていませんでした(※昭和51年生まれです)。私が人生の先輩でもある東石工業という会社の社長に就任したのは、平成20年、32歳のときのことです。現場の作業員として一から塗装業界を学んだうえでの役員人事でした。
 
素材から製品へと命を吹き込む
 
正直、私は塗装という仕事が本当に好きでした。色のついていない状態から自分が手を加えていくことで、ただの素材だったものが次第に生命感を帯びていき、完成段階では製品として生まれ変わるのです。はじめてその様子を体感したときは、言葉にならないほどの感動がありました。事実、当社から旅立つ製品たちに対して私は特別な想いを感じます。時間さえあれば彼ら(知多半島からセントレアに架かる橋梁など)に会いに行くこともあるほどです。
 地球規模で役立つ企業へ              
 
創業以来ずっと当社は、ショットブラスト機を用いた下地処理、エアレス塗装機による吹きつけ塗装、MS工法を活用した重防食塗装など、時代の先端技術をフルにいかして業務に取り組んできました。当社には、橋梁や船舶といった世の中に欠かせないインフラ要素の塗装を通じて、社会に貢献してきた誇りがあります。今後、未来を見据えて東石工業が抱いている目標は、地球規模で役立てるような企業になること。その実現に向け、私たちは困難という壁を塗り替えていきます。                                                                          
東石工業株式会社                                     代表取締役 山本智久
東石工業 株式会社
〒514-0315
三重県津市香良洲町6063
TEL.059-292-2081
FAX.059-292-2082
■業務内容■
・鋼材のショットブラスト、サンドブラスト工事
・吹付塗装工事
・パイプ内面塗装
・大型建造物塗装工事
・鋼材加工